Racemasterとポタリング

趣味のロードバイクを中心に、日常のアレコレを書きとめようと思います。基本的に不定期更新です。

3連休だし、うどん食べに行こうや!(注:ぼっちライド)  その2

「3連休だし、うどん食べに行こうや!(注:ぼっちライド) その1」の続きです。


Interlude

P_20160319_195132_LL












どうする・・・

気温はともかく、風があって野宿だと凍死しそう。


時刻は19時半くらい。


スマホで検索するも、近くにホテルは元より、24時間営業のコインランドリーもマック等も無い。


自転車で付近を走り回ってもそれらしい店は見つからない。


最悪マナー違反でもトイレの個室で寝ようか、と緊急用アルミシートに包まりながらトイレの中で考えます。


が、やめました。


近くのミニストップのイートインコーナーでスマホのグーグルマップと睨めっこして決断。


ちょっと離れますが、海沿いにある24時間営業の健康ランド四国健康村まで移動して風呂と睡眠を取る。

夜移動










夜の街道を激走(笑)

命が掛かってます。

100均のビニール手袋が防風&保温効果絶大で寒くない!


40分ほどで到着。

受付を済ませて、早速風呂に。

普通の湯だけでなく薬湯もあり、気分も回復。


極楽です(´∀`*)


ゆっくり入浴した後は、他の客に習って休憩スペースの畳椅子で雑魚寝。


そうして、ようやく1日目が終了しました。


走行距離:225km



セグメント3:綾川町~小豆島


2日目の朝

P_20160320_062313






6時半に出発。

ありがとう四国健康村!ありがとう!


さて、それでは、この旅の第一目標である、うどんを食べに行きましょう!!


と、いうことで、日曜日でもやってる店に向かいます。


深夜に走った道を戻って再び綾川町へ。


6時半オープンの「こだわり麺や」に7時過ぎに到着。

到着までの間、旅と朝の変なテンションで普通の景色が新鮮に見える。

P_20160320_064832







もっこり山

この辺りの山、みんなこんな感じで綺麗な円錐型でした。

なぜ・・・?


続いて、こちら。

P_20160320_071335







「犬神家の一族」的大量殺人事件

_SX385_











レンコン畑だよね。



で、「こだわり麺や」での1杯目がこちら


P_20160320_072313





ぶっかけ温玉うどん!


うましっ!!(´∀`*)



チェーン店ではありますが、麺も出汁も美味しかったです。

朝早いにも関わらず、駐車場いっぱいに車が停まっており、店内も客がいっぱい。

(これが噂の”朝ウドン”なのか・・・)


観光客も混ざってたのかもしれませんね


素早く食べて次のうどん屋へ!


2軒目は、有名?な「池内うどん店」

P_20160320_080400












事前に調べたとおり、店の場所が分かりづらいというか、見逃しやすい

道路向かいの路肩に車が数台停まっていたので分かりましたが、何もなかったら通りすぎてしまう、いや、通りすぎてしまいました。


P_20160320_080403













こっから奥の店に入れます。


で、うどんがこちら!


P_20160320_075539

蕎麦も打ってらっしゃるので、両方一玉ずつ頂きました。

出汁は少なめで、おこのみで醤油を掛けて食べます。


それだけなのですが、メッチャ


うましっ!!(´∀`*)



モチモチ感と芯がギュッと引き締まった感じがとても美味しかったです!

麺を茹でておられたおばちゃん2人の世間話も楽しいです(笑)


この1杯のために、やって来た甲斐がありました!


店の裏の鯉が泳いでる川も有名ですが、ここの水がまた、澄んでいてとても綺麗でした。

鯉よりもそっちに驚いた。


ごちそうさまでした!



朝食を終え、次は第2の目的地、小豆島の寒霞渓に向かいます。

フェリー乗り場の高松港までは、お腹も満たされ、スイスイと気持ちよく進みます。


フェリーといえば、忠海でもそうでしたが、今回も大量の観光客で切符販売窓口が大渋滞でした。

今回は中国か台湾あたりのお客様のようでした。

中国も連休なのかな?

春節はもう終わってるよね?


15分くらい掛かって切符を購入し、乗船。

四国フェリー、客室がまったく揺れない!

凄い!

お陰で小豆島までの1時間、気持よく寝てました


島に到着したら曇っていた空も快晴に!

土庄港のコインロッカーに余分な荷物を預けて時計回りに島の外周を寒霞渓に向けて走り始めます!

P_20160320_115020_PN


(少し手前にもっと綺麗な撮影ポイントがあったのですが、下り坂の途中だったのでスルーしてしまった)


2年ほど前に彼女と遊びに来た時は南側ばかり回っていたので、北側の景色は新鮮です。


そんでもって、県道31号で寒霞渓ヒルクライム!

ホームグラウンドの野呂山(呉市)と近い環境ですが、つづら折りのカーブの勾配がダルかったです

38分で登頂。

P_20160320_131322













2年前にも食べた、ソフトクリームとオリーブ牛コロッケバーガーを頂きます。

P_20160320_125727











以前よりソフトクリームが巨大化したような気がする・・・。


体が冷えきる前に、今度は南側へ下ります。

標高700mくらい(星ヶ城山)からのダウンヒル。

天界と下界の気温差を肌で感じられます。


この時、時刻は14時ちょい前。



・・・・あれ?



フェリーの時間14:30だったよな・・・。


(´▽`)「まあ、15kmくらいだし、坂もなかったはず(←勘違い)だし、飛ばせば間に合うか」

(´▽`)「時速30kmで走れば、30分でギリギリだけど、平坦なら35は余裕だから時間余るッショ!」


なんてことを考えていたのですが、とんでもない。


きつくはないけど坂は2つ3つあり、常に向かい風。


35km/hくらいで飛ばせば余裕で間に合うはずだったのに、

死にそうな顔してもがき倒しました。


無風ならアベレージ40km/hで走れそうな出力で漕いでも25kmくらいしか出ない区間がほとんど。

建物などで風が遮られ、影響が少ない区間は常に制限速度くらい(かな?(´∀`))で走りました。

対向車線を走るサイクリストの爽やかで気持ちよさそうな顔を見るたびに発狂しそうでした(笑)


それ、追い風のおかげだからっ!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


って。


それでも、ギリギリ土庄港に到着。


急いでコインロッカーから荷物を取り出し、ダッシュで切符売り場へ。


売り場のお姉さんに「あと1分で出港ですよ」と急かされながら切符購入。


ガチで半泣きになりながら乗船。


心臓バクバクで脚も震えてました。


岡山港までの船は両備フェリーさん。

四国フェリーさんと同じく、揺れが少ない!

でも、船体のギシギシ音が結構響いてる!



てことで、無事、本州岡山に到着したのでした。



つづく


※あとは帰り道なので、特にイベントも無いです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


3連休だし、うどん食べに行こうや!(注:ぼっちライド) その1

三連休があることに水曜日まで気がついていなかった僕。

特に予定もなかったので、1年位前に妄想だけしていた”うどんライド”を実行してきました。

日程とルートは次のとおりです。

<1日目:3月19日(土)>
DAY1











セグメント1:自宅~竹原市忠海港
セグメント2:大三島盛港~香川県綾川町

<2日目:3月20日(日)>
DAY2








セグメント3:綾川町~小豆島
セグメント4:小豆島~広島県福山市
セグメント5:福山市~自宅

ルート起こすの大変なので、ストラバから引っ張ってきました(`・ω・´)
全行程およそ420km。久しぶりのロングライドです。
といっても200km☓2日なので無理の無い範囲です。

ちなみに、しまなみ海道は竹原の忠海港~大三島の盛港まで、
高松~小豆島、小豆島~新岡山港はフェリーで移動です。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■
さて、今回の装備は、というと。
P_20160319_081512









こんな感じ。

<自転車>
車体:FUJI トランソニックSL
ホイール:EASTON EA90TT
タイヤ:Panaracer ツアラープラス ブルベエディション
サイコン:ガーミン エッジ800
ライト:ジェントス閃325☓2本
    Fibre Flare☓2本
<装備品>
トップチューブバッグ内:モバイルバッテリー(cheero 10000mAh
               行程表(ブルベのQシートの簡易版みたいなの)
サドルバッグ内:パンク修理セット
          予備チューブ☓3
          タオル
          2日目用のウェア上下
          鍵☓3
画像には無いリュックサック:携帯ポンプ
                  防寒&防雨ウェア
                  (というか100均の腕用ビニール手袋)
                  財布
                  緊急用(防寒?)アルミシート

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■

ということで、19日の午前8時。
天候:やや曇り
気温:8℃

近所の図書館からスタート。
suta-to























↑腕に付けてるビニールが防寒&防雨ウェア用100均グッズです
ビバ100均!

セグメント1:自宅~竹原市忠海港

竹原に入った辺りからいきなり、全行程の中で唯一、ザーザー降りに遇う
もともと曇り時々雨の予報でしたが、旅のワクワク感を10%ほど削られました。
気温が低くなかったのが救い。

忠海港から大三島までは、大三島フェリーでワープします。
tadanoumi









今回は10:30発-10:55着に乗船。
ちょうど観光客(バス2台分)と時間が被って船内はとても賑やかでした。
途中に寄る大久野島(うさぎ島で有名ですね!)に行くツアーだったようです。

ちなみに、近辺のチャリ乗りには常識?のサイクルーズパスP_20160322_033848を今回も利用します




通常片道360円+自転車代120円なのですが、
これがあると、なんと340円になります!
人間だけの通常運賃より安い!!
素敵です中国旅客船協会連合会さま!!

パス対象の港の発券窓口で台帳に名前、住所、年齢などを記入すれば発券して貰えます。
券売機では発券出来ませんので注意です。
P_20160319_110731


















とりあえず、何の問題もなく到着。


セグメント2:大三島盛港~香川県綾川町

港から今治のサンライズ糸山までは慣れた道。
35kmほどの距離を、ゆっくり目のペースで漕いで90分程度。
特に橋の上はいろんな人が渡っているのでスピード出すのは厳禁です。
P_20160319_122628


















来島海峡大橋。まだ曇ってますね。

サンライズ糸山でトイレ休憩を済ませた後、海沿いにひたすら走ります
途中、コンビニで2回補給するだけでほぼノンストップ。
おにぎりとシュークリームが自分の定番です。
シュークリームは糖質たっぷりで即エネルギーになってくれます。美味しいしね!
あと、ローソンもセブンもおにぎり100円セールでメッチャ助かりました (´▽`)
いつも100円だったら良いのにね(笑)

ルートとしては、国道196号→国道11号が快適でした。
交通量はそれなりに有りますが、危険を感じる程ではなかったです。

ひたすら東へ進みます。

ただ、景色としては特に面白いこともなく、街の中を淡々と走る感じです。
ようやく見えた海は、こんな感じ。
P_20160319_164944









晴れてたら、もっと景色が良かったんだろうなー。
場所は、たしか観音寺市のJR箕浦駅辺りです。

ここから北東へ。

観音寺市の豊浜から、国道11号→国道377号へ。

海沿いを離れ、町並みもどんどん田舎に。
P_20160319_172600








更に進むと、麦畑が広がっていました。P_20160319_173817












うどんです!こいつらがウドン県民の愛して止まないウドン粉になる訳ですね!
遠目に見ると、雑草・・・


道中、コンビニよりうどん屋さんの方が沢山あり、心持ち空気もうどんのかほりがします

日も暮れてきた頃、当初寄る予定は無かったのですが、金刀比羅宮にもちょっとお邪魔してみたり。
P_20160319_182546


















本体までは遠かったので、入口付近の通りまで。
清水寺の清水坂みたいな感じ。

本来のルートに戻った頃には、完全に日も暮れていて、
P_20160319_185512














道の駅 滝宮(いちご農園)にゴール!
P_20160319_195132_LL


















・・・が、ここで思わぬトラブル(下調べ不足)が(゚∇゚ ;)エッ!?

朝まで休憩しようと思っていたインフォメーションコーナーが8:00~17:00の開館で中に入れず・・・

野宿かΣ( ̄ロ ̄|||)!?


つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

カペルミュール、レースモデル出すんだってよ!

秋も深まって、他のブロガーさんもライド欲より物欲が沸き上がっている様子が見えていますね!!

みんな同じなんやなー、と思いながら読ませてもらってますw

で、俺が欲しいのは2つ!


1つ目は、厳冬期用のグローブ!
過去数年、ブルベのシーズンスタート頃(2月~)でも安物グローブでやり過ごしていました。
だけど、

やっぱり快適なのに越したことはないよねー( ´_ゝ`)

ってことで、氷点下でも指先の感覚が無くならないグローブが欲しいです。
ちなみに、コレまで使ってきた冬用グローブは、
「BBB WeatherProof」
bbb-weatherproof-gloves-11-med

















「ユニクロの1,000円手袋」
P_20151112_212904_LL





























「Adidas(のロゴが入った)手袋」
P_20151112_212842_LL

































の3つです。
どれが一番良かったかって言うと、BBB・・・ではなく、ユニクロの手袋でした。
内側の起毛が保温機能高いです。
BBBは風は防いでくれますが、熱はバンバン奪われていきます。

なので、氷点下な環境では、ユニクロ手袋の上から100均のビニール手袋を被せて使ってます。

そいで、今狙ってるのは、こちら
1

























パールイズミのルミナス ウィンター グローブ
なんてったって0℃対応って公式に書いてあるくらいだからね。
お値段も定価で税抜き9,000円と、ためらう価格。
きっと温かいに違いない!

それにしても、グローブのレビューって意外と少ないですね。
CB名無しやアマゾンばっかり。

てことで、もし買ったらレビューします。


はい。

でもって、2つ目はタイトルにあるカペルミュールのレースモデルのジャージです。
ウエイブワンからレーシーな新ブランド「リオン・ド・カペルミュール」 来春発売開始
CYCLISTさんの記事を引用させていただいてます。

サイクルジャージというと、以前は地味というかシンプルなデザインかド派手な色使いの物ばかりが店頭に並んでいた気がします。
最近はファッショナブルなデザインを取り入れた、オシャレなサイクルジャージを作られているパンダーニやGRIDE、カペルミュールのようなブランドが目立ってきている気がします。
(ブランド自体は前からありますよ。)
私の周りの自転車乗りも、一部の方はアソスやパールイズミから、カペルミュールやら何やらに移ってきています。
お値段はちょい高めで落車して破ったら・・・と思うと練習などに気軽に着ていくには勇気が要りますが、やっぱカッコいいので欲しくなります。
パンダーニのジャージは持っていますが、お値段なりに肌触り着心地は良いですよ。

でも、オシャレであるがゆえ、レースなどでは何となく場違いな感じがします。
今はオリジナルチームジャージを持っているので着るものには困らないのですが、たまには違うのを着て走りたいものです。
かといってプロツアーチームのレプリカジャージを着て走るのは気恥ずかしいですし・・・。

そんな時に、個人的に大人なオシャレ感を醸し出しているカペルミュールさんから、レーシーなジャージが発売されるとの記事↑が出たわけです。
記事で紹介されているジャージのデザインは控えめで、ロゴを外すとあまりカペルミュールらしさが見えない気もしますが、それでもイイカンジ。
発売は来年の3月とのことですので、その頃には、もう少しデザインが増えているといいですね!
ということで、これは買います!
lion11





















余談ですが、カペルミュールって、オーダージャージでは有名なWAVE ONEの系列?だったんですね。
記事を読んで初めて知った。

先ほど、ふと「オーダージャージ」でググってみたら、以前から有名なチャンピョンシステムの他にも、サンボルトやトウゲなど、メーカーが増えてますね!
値段はそれほど変わりませんが、4年ほど前に作った、うちのチームジャージ(チャンピョンシステム製)よりも素材が良さそうでいいなあ・・・

てことで、今日のボヤキ終了



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ